にゃごの四季イロイロ日記


by snaggle

paris の素適な fleuriste "ODORANTES"

f0069491_2271178.jpg

2003年、初めてのパリを満喫中に見かけたおしゃれなお店。
そっと覗いてみると、お花屋さんで内装は黒っぽい。
今まで、ダークカラーの内装のお花屋さんなんて見かけた事がなかったので、ちょっとビックリ。
f0069491_2281227.jpg

photo by yusuke KINAKA



でも、置いてある花色が浮き上がって見え、美しく映える。
あまりにじっと覗いていたからか、中で立ち働いていた男の人が顔を上げた。
恥かしくなって、サッとその場を立ち去ってしまったが、翌日また行ってみる事に。
でも、お店のシャッターは下りていて、とても残念な思いをしたのを憶えてます。
f0069491_228488.jpg

オドラントとは、芳香のある、という意味で、
その名の通り、香りの良い花や薔薇を集めて置いている。
昨年の冬、私は匂いスミレと水仙のブケーをお願いした。
薔薇ではないけれど、どちらも大好きな花で、
特に、寒い中でも凛とした咲き姿の水仙が大好きなのです。
匂いスミレにはゲイラックスを、
水仙にはまだ蕾の固いミモザを合わせて小さなブケーにしてくれた。
エマニュエルの、花を大切に優しく扱う手の動きを見ながら、
花に対する愛を感じてしまった。
f0069491_229970.jpg

シンプルなラッピングに添えられている、花言葉の詩。
お店ではなくて、誰かの花いっぱいの部屋を訪れたような気持になるディスプレイ。
全てがロマンティックで新鮮。
改めて、花が私にとってスペシャルになったお店です。
f0069491_2292312.jpg

odorantes
9. rue Madame 75006 paris

※お店より画像撮影およびblog掲載の許可を得ております。画像とデータの複写・転載は固く禁じます。
[PR]
by snaggle | 2007-12-21 02:33 | paris fleuriste