にゃごの四季イロイロ日記


by snaggle

チョコレートには愛がある!?

f0069491_1153581.jpg

今日、東京ミッドタウンにある21_21 DESIGN SIGHT へ行ってきました。
そこでは”チョコレート”を題材に、
いろんなクリエイターがチョコレートの世界を展開。
チョコレートの雫やチョコレートのタイルなど。。。

私は杉山ユキさんのチョコレート(ポッキー)のお人形を見て、
夜中に時計から出てくるチックとタックを、なぜか?イメージしてしまいました。。
杉山さんも、誰もいなくなった時にコッソリ出てきて遊んでる
チョコレートのお人形のイメージで作られたそうです。
おいしそうな展示でした★

21_21 DESIGN SIGHT は、
地下にほとんどの展示場があって、
壁面のガラスからの採光でまるで1Fにいるよう。
設計は、日本を代表する安藤忠雄さん。
地下にいる事を感じさせない、開放感のある建物です。
安藤さんは、
「日本はものづくり大国だと言うけれど、
それを底辺で支える人達の努力や奮闘が認められてない。
その仕事に対するプライドを、多くの人に知ってもらいたいから悪戦苦闘展を開いた」と。
どんなに素晴しいデザインだって、その想いを具体化するには、
いろんな人達の技術力というか見えない力があってこそ。
そう思うと、建物横に長く入っているガラス(多分、日本一長いんですって!)を
みる気持ちも変わってきます。。。

21_21 とは、2.0が人間の視力の一番よく見える視点。
+0.1する事で、もう一歩先の何かを見せる、という意味だそうです。


f0069491_116296.jpg

そして、これはわたしの0.5の視界に入ってるcake♪
[PR]
by snaggle | 2007-06-04 01:51 | art